人が集い 列車が行き交い 時が流れる
駅には 歴史がある 文化がある 生活がある
そんな駅の肖像を描く 駅物語

このサイトは「駅」をテーマにした3分動画作品を配信するサイトです。
   
ホーム 作者のブログ DVD販売 リンク    
北海道・東北 関東 中部・北陸 関西 中国・四国 九州
 

八百津 (名古屋鉄道・八百津線)
〜 ついに線路もなくなった 〜

 

  2001年9月30日、名鉄八百津線は他の3線区とともに廃止された。町も鉄道会社側も長年にわたりいろいろと策を講じたがついに万策尽き果てたという感がある。昭和20年代後半八百津よりさらに奥、丸山ダム建設のための専用鉄道が延び、貨物輸送も盛んだったようだ。
     
  また昭和40年代には名古屋から「蘇水湖」号として7000系パノラマカーも入線、観光客でにぎわったという。しかしそれ以降は例にもれず八百津線も自動車にパイを奪われ衰退、コストを抑えるため架線をはずしレールバス1両で運転することで何とか生き残ろうとした。それから17年ついに廃止、その役目を終えた。
     
  廃止が決まる前に見た八百津駅のいつもの光景、駅の改札口で駅員さんと近所のおばちゃんの会話、「どこどこの誰それが○○大学に行って…」と地元の話。帰りに乗ったレールバスは下校時だったため高校生で満員、女子高生が床にべったり座り込んでいた。
     
  廃止された後の八百津線だが、代替バスが不調だと聞く。通学利用が目論みよりも少なくなっているのだそうだ。バスは運賃が高い、渋滞で時間通りに動かないという理由で多くの生徒が自転車通学や車で親が送り迎えする形に切り替えたそうだ。
(2001/8/25撮影)

 
   
 
戻る

(C) 2006 Station Co. Ltd. All Rights Reserved.
ご意見・ご感想・情報をおよせ下さい  info@station-j.com