人が集い 列車が行き交い 時が流れる
駅には 歴史がある 文化がある 生活がある
そんな駅の肖像を描く 駅物語

このサイトは「駅」をテーマにした3分動画作品を配信するサイトです。
   
ホーム 作者のブログ DVD販売 リンク    
北海道・東北 関東 中部・北陸 関西 中国・四国 九州
 

那智 (JR西日本・紀勢本線)
〜 神社のような駅舎と大平洋が見える駅 〜

 

  青春18きっぷを使って紀勢本線乗りつぶしの旅にでた。その途中で降りたのが、神社のような駅舎がある那智駅だ。赤い柱に緑の屋根瓦、駅玄関に掲げられる駅名標は特筆ものだ。銅板のような額縁に彫り込まれていて、しかも旧い「驛」という字があてられている。
     
  一見豪華な観光駅のようだが、海沿いにある那智駅から、山深く入る有名な那智の滝へはかなりの距離があり観光客の利用はほとんどなさそうだ。日中一時間に一本程度の普通列車が停まるだけ、駅員もいない無人駅だ。「くろしお」「南紀」二つの特急の通過が駅を通る列車の半分以上を占める。
     
  駅前はせまく、バスも駅前の道路幅を目一杯使って国道へと出てゆく。かなりさびれて見える駅前だが、駅舎横には町営の浴場が作られている。少しは地元の人が集まるようになったとは思うが、車で駅横の温泉にやってきてまた車で帰る、本来の駅のにぎわいではないが、人が近づきもしないという状態よりはましだろう。
     
  ホームに出る。海側のホームの向こうは大平洋が広がる。列車の接近は踏み切りと同様の警告音が知らせてくれるが、新宮方面(名古屋方面)から来る列車は湾を大きく回りこみ、90度方向を変えて駅へと近づいてくる。ホームの窓越しにはすぐ丹敷浦、黒潮の海が臨める。季節は冬で海の厳しさだけが感じられたが、夏は海水浴客で駅にも華やかさが感じられるのだろう。少し季節はずれの訪問だったかもしれない。
 
 
 
 
戻る

(C) 2006 Station Co. Ltd. All Rights Reserved.
ご意見・ご感想・情報をおよせ下さい  info@station-j.com