駅物語

撮影日記 - 柳沢(長野電鉄・河東線 廃止)

~細いホームに細い建物~

柳沢1
前夜、名古屋を急行ちくまに乗り、朝長野入り、信州中野から木島線に乗り一番目に降り立ったのが柳沢だ。柳沢は木島線唯一の列車交換駅で、列車交換の場面をおさえるためという理由もあったが、長野を朝一番に出ても必然的にこの時間にしかここには来れない。時間に余裕があれば一本前の列車で来たかったがそれはできなかった。
柳沢2
列車は柳沢駅ホームの右側にすべりこんだ。反対側にはすでに木島から来た列車が停まっている。そして私が乗った列車が停止すると同時に反対側の列車は走り出してしまった。残念ながら列車交換風景をおさめることができなかったのだ。
柳沢3
駅を見ると、ホームの幅は狭い。その上に縦に細長い待ち合い室と駅員詰め所だった建物がのっている。その建物の横を歩く時うっかりしているとホームから落ちそうな程せまい。待ち合い室に入る。横開きの木の扉ががらがらと音をたてる。木のベンチの上には座ぶとん、時間が止まったような静かな部屋の中にやわらかい春の日射しが差し込む。
柳沢4
駅の周辺をひととおり撮影し終わって戻ってくると、おじいさんが一人ホームの階段に座ってたばこをふかし、おばあちゃんが二人楽しそうに話している。その景色はおそらく何年も変わらずくり返してきた日常の風景そのままだろう。そんな風景もあと10日しか続かない。それはこの静かな場所にとって一つの時代が終わるようなすごく大きな変化になるのではないかと思えた。 (2002. 3.19撮影)

DVD長野電鉄

DVD名古屋鉄道

お問い合わせ

上部へ戻る